さ"

素人ながらに昆虫採集を楽しんでおります

早春の妖精と冬の蛾と…

 

 

2024年2月17日

早春のこの時期に現れるとある蛾を狙いに、知り合い数人と埼玉県某所の河川敷に来てみました。

 

 

 

その蛾がいるのはこんな河川敷の

 

 

 

こんな環境。

 

予報に似合わず、所々雲はあるが晴れて風が弱くなってくれたので条件は完璧…。

 

 

とりあえず、私はまだその蛾を見たことも採ったこともないので、飛んでる飛翔体を手当たり次第に目を付けていくと…

 

 

「ん?あれでは?」

 

明らかにモンキチョウより一回り小さいくらいの鱗翅目が数匹舞っていました。

割と低いところを飛んでたので楽にネットインすると…

「うわぁぁぁあ!!!採れた!!!フチグrロロ!フチグロ!!!!」

着いて5分もせずに網に入ってしまうとは…

他にも目を凝らしてみると、数匹似たようなものが飛んでいたのでこちらも網を振ってみると…

2個体目。

多産地故なんだろうけど、聞いてた話だとこんなに軽々採れる虫とは聞いてなかったんよなぁ…(この時10時半ごろ)

毒瓶で〆てから表を拝見。

マジで図鑑で見て憧れてたあの蛾だ…と2度目の感動。

 

そう、こちらが今回の狙いの蛾である、

"フチグロトゲエダシャク"

学名:Nyssiodes lefuarius (Erschoff, 1872)

になります。

 

時間は11時手前、既に見渡す一面にフッチーが乱舞していました。

 

捕獲後撮影ですが、別個体で一応生態写真っぽい写真もパシャリ。

 

3、4、5匹目(この時11時過ぎ)

ちょっと楽に採れるからといって採りすぎた感あるので、残りの♂は全キャッチ&リリース…

 

ここで同行してた知り合いがあるものを発見…

 

交尾ペア。

採集を優先してしまったそうなので証拠程度の写真ですが、数匹の♂が地表付近を舞ってたところをよく見たらペアがいたそうです。

こちらのペアは見つけた知り合いが有り難く採集…

 

 

 

因みに、飛んでた飛翔体の中にはキタテハやモンキチョウなんかも混じってました。うーむ春…

 

最後に、フッチーの雌が採れたらやってみたいことがあったので、折角なのでそれもやってみました。

手に乗せてたら案の定コーリングを始めたので、草むらに(勿論逃げられたくないので手ごと)置いてみると…

https://x.com/zaikokokoko/status/1758828826262737191?s=20

フェロモンに誘われて大量の♂が飛来してきました!!!

そう、フッチーの採集の一種として♀を使った「フェロモントラップ」があるのですが、簡易的にそれをやってみたかったのです。

 

生態写真っぽい交尾が撮りたかったので先ほどいた場所に♀を戻し撮影、そして♂を待ってると…

すぐに数頭の♂が飛来し交尾になりました!!

生態写真ではないかもしれないけど交尾も見たかったのでよかった…

交尾態になった後も♂がフェロモンに寄せられて飛来してきたので、こんな風に♀を奪い合ってるような光景も撮れました。

 

 

 

こんな感じで初のフッチー採集でしたが非常に充実しており本当に楽しい採集でした!

また来年も是非この蛾は見に行きたい…!

 

(まだまだ終わりませんよ〜)

 

 

フッチー採集の後、近くの雑木林で知り合い達と糖蜜採集もやってきました。

2人で撒いたので結構広範囲に撒けました!

 

撒いてからすぐに飛来したのはカシワオビキリガ。

この日は本種が無限にやってきました…

 

大量にいるカシワオビを見てたら何か「ん?」となる個体が…

 

「うわぁぁぁ!!ウスミミモン!!ウスミミモン来た!!」

マジで見た時声が出ました、今回密かに狙ってた冬夜蛾なので嬉しすぎる…

写真撮れなかったんですがミッキーことミツボシキリガもその後数匹やってきました!

(この写真でもだいぶ見切れてんなぁ…()

その後同行者も無事にミッキー&ウスミミモンを採集。この2種は今回マジで無限にやってきてましたw

 

木の幹に撒いた糖蜜にはキバラモクメキリガが!本種も今回は10頭ほどやってきました

 

いくつか飛来したキバラを見てたらまたもや違和感のある個体が…

「アヤモクメ!!!!!!アヤモクメ来た!!!」

またまたこれも声が出た…

すぐに同行者もやってきて急いで採集しました。今回のフィールドだと普通種の部類とのことですが、自分は縁が無く見たことなかった冬夜蛾なので本っっっっっっつ当に嬉しい…

ミツボシ&ウスミミモンのツーショット。

今回の採集だとこの2種+カシワオビキリガが最優先種でした…本当に凄かった

そして同行者も別個体のアヤモクメを発見し無事に採集!!

欲を言えばもうちょいアヤモクメ飛んでこないかなーって思いましたが、1人1頭ずつ採集できたしまぁ大満足!

 

その後はミツボシ&ウスミミモン追加、クビグロクチバ.sp、キノカワガなど色々採ってから帰路に着きました!

本当に昼も夜も楽しい採集だった………

 

一応戦果です⬇️

キバラモクメキリガ20↑

カシワオビキリガ大量

フサヒゲオビキリガ7

ミツボシキリガ20↑

アヤモクメキリガ2(一頭は同行者採集)

スモモキリガ5

ウスミミモンキリガ18

ヨスジキリガ1

ヒメクビグロクチバ?4

conistra.sp20↑

チャマダラキリガ1

 

おまけ

 

フチグロトゲエダシャク♂

Nyssiodes lefuarius (Erschoff, 1872)

 

フチグロトゲエダシャク♀

Nyssiodes lefuarius (Erschoff, 1872)

 

フチグロトゲエダシャク交尾

Nyssiodes lefuarius (Erschoff, 1872)

 

フチグロトゲエダシャク交尾

Nyssiodes lefuarius (Erschoff, 1872)

 

ウスミミモンキリガ

Eupsilia contracta (Butler, 1878)

キバラモクメキリガ

Xylena formosa (Butler, 1878)

ミツボシキリガ

Eupsilia tripunctata  (Butler, 1878)

ウスミミモンキリガ

Eupsilia contracta (Butler, 1878)

ミツボシキリガ

Eupsilia tripunctata  (Butler, 1878)

ヒメクビグロクチバ?

Lygephila recta ?

アヤモクメキリガ

Xylena fumosa (Butler, 1878)

晩秋のヒヨコを求めて(2023.11)

時期は既に11月下旬。虫も少なくなってきたこんな時期の里山に、この時期"だけ"見られる蛾がいます。

 

その名も『ウスタビガ』

北海道から九州まで広く分布するヤママユガの一種で、先述した通り10〜11月の、晩秋にのみ現れます。

分布も広いし平地から山地まで広く見られる蛾のため、普通種とされていますが何故か自分には出会う機会が無い種でした…。

 

それで今年も、11月下旬に里山を彷徨ってウスタビガを探しに行きました。

 

ウスタビガは光走性が強く、建物や街灯の灯りによく寄せられるので、今回はそれを利用して灯りに飛来した個体を探しました。

まずは駅に落ちていたフクラスズメ。

成虫越冬の為、早春から晩秋まで長く見られる大型のヤガです。

これはこの個体の標本写真ですが、とっても青い後ろ羽が美しいんですよね〜。

 

そして午後7時頃、近隣のドラッグストアに夕飯を買いに立ち寄ったついでに、壁に蛾が付いてないかを探しました。

 

壁になんか黄色いものが付いてるな…落ち葉?一応ウスタビかもだし掬ってみるか……

そして網で掬ったところ…

 

大勝利。立派なウスタビのメスでした…!

午後7時で既に居たってことは、何日か前から灯りに寄せられててそのまま残ってたんですかね?出来事が急すぎたんですがとにかく目的達成が嬉しすぎる…

記念に手乗せしてみました。

やっぱり、この時期(晩秋)に現れる蛾としてはとんでもなくデカいですねぇ……。

そしてお顔。

もっふもふ&つぶらな目がとんでもなく可愛い…

 

そしてこの後朝まで街頭巡ったり色々したんですが、特に大きな戦果も出なかったので帰路に着きました。

最後に適当に草に止まらせて撮影したやらせ生態写真を載せておきます。

残りの今冬は糖蜜を頑張ろうかなぁ…

キトンボリベンジ戦(2023.10.28)

 

先週に爆死(見たけどネットインできなかっただけ)したキトンボのリベンジに行ってまいりました。

相変わらず綺麗な沼だなぁ

 

午前10時頃にポイントに到着、早速付近を適当に散策してみました

 

なんか池の上をオレンジのトンボがホバリングしてたので採集…

 

 

はい。採れちゃいました…

思ってた数倍あっさり取れちゃってビックリ……笑

前回の苦労はどうしたものか……

 

そして無事2頭目のオスをネットイン

この個体は少しですが羽が損傷していたので、リリースさせて頂きました。

まぁそんなに数採っても面白く無いので…1匹採れれば大満足です。

 

この日は他にもミヤマアカネやマユタテアカネ、ナツアカネなどを見ました。写真はありません()

 

キトンボ Sympetrum croceolum (Selys, 1883)

帰宅後に適当ですが白バック撮影をしてみました。

こう見ると、羽の大部分がオレンジ色で本当に美しいですよね…

 

 

埼玉県のキトンボ探し(2023.10.22)

10月半ば、秋も深まったこの季節に、「キトンボ」という珍しいトンボを探しに行きました。

 

キトンボは北海道から九州まで広く分布しており、環境省レッドリストにも記載が無いものの、

東京都・千葉県・神奈川県では既に絶滅、北関東や埼玉県でも、絶滅危惧Ⅰ類や絶滅危惧Ⅱ類に指定されており、その他の地域でも、近年は減少傾向が著しいトンボです。

 

埼玉県でも生息地は非常に限られますが、まだ関東地方の中ではまだ見られる県ということで、

googleマップなどの情報を頼りに生息していそうな場所を見つけたので訪問してみました。

山もすっかり秋ですねぇ…

 

ポイントに着いたのが午前10時頃。

適当に周辺の湿地帯を散策してトンボを探します。

そのポイントの風景。

かなり水草などの植物が豊富な沼が、岩畳上に幾つも並んでいる感じでした。

 

早速、足元から何かトンボが飛び立ったので採集…

マユタテアカネのオスでした。

顔に眉のような模様があることからこの名前は来ているそうですね。

アキアカネのメス。

この池ではマユタテアカネが最も多く、その次に本種とミヤマアカネが多い印象でした。

 

池で何かのトンボが産卵しているのを見つけました。 

ミヤマアカネのペア。

腹部と胸が赤っぽい個体がオスで、茶色っぽい個体がメスですね。

池の隅の水草が豊富な場所で連結産卵していました。

 

ここで何か、池に大型のオレンジに輝くトンボが現れました…

岩に止まったところを採集しようと網を振ったが、警戒心が高くて中々ネットイン出来ず……

再び、岩に止まったところをとりあえず撮影してみると…

キトンボ…!

この写真を撮影した後、急いで網を振ったのですが…ここで強く振りすぎたせいか、網の頭が取れて池に落ちてしまいました…😇

とりあえず自分は怪我が無かったので良かったのですが、網の根本が外れてしまって逃げられてしまいました…

 

この後30分ほど粘ってみたものの、再びキトンボが現れる事はありませんでした…悔しい!!

ショウジョウトンボ

赤っぽいトンボが縄張り争いしながら飛んでたので、捕まえてみたら本種。

10月の下旬でも居るんですね…

 

オオアオイトトンボのメス。

帰り際、道を歩いてたら樹上に止まっていたところを見つけてネットインしました。

この時期によく見る大型のアオイトトンボですね。

 

今日の採集はこんな感じで、キトンボの姿を見ることは出来たもののネットインは出来ませんでした。

キトンボは11〜12月、温暖な地域では年を越して翌年の1月頃まで見られることもある種なので、また来月に行けたらリベンジに行きたいところですね…

 

今年の埼玉県のアサギマダラ(2023.10)

 

埼玉県ではこの時期、秩父地方を中心に旅をする蝶である「アサギマダラ」が良く飛来してきます。

今年は少し個体数が少ないとのことを聞いたので、毎年行ってるポイントで軽く調べて見ました.

 

2023.10/8

まずはこの日アサギマダラを見に行きました。

ツマグロヒョウモン

かつては日本の南の地方にしか居なかったヒョウモンチョウの仲間ですが、現在は埼玉県内でもごく普通に見られる蝶となっている種です。

オスとメスで大きく模様が異なり、面白い種です。

 

ホシホウジャク

秋になると個体数が増える、昼行性のホウジャクの仲間です。この写真のようにアザミやフジバカマで吸蜜している個体が多く見られました。

 

ヤマトシジミ

早春から晩秋まで普通に見られるシジミチョウの一種です。

ひらひらと様々な花で吸蜜している姿が良く見られました。

 

アサギマダラ

この日の目的の種です。

沢山咲いていたフジバカマの花で1匹だけで吸蜜しており、例年よりもかなり個体数が少ないと感じました。

 

2023.10/16

この日も別のポイントにアサギマダラを観察しに行きました。

 

ツマグロヒョウモン

先ほどの写真の個体はオスですが、こちらはメスのツマグロヒョウモンです。

オスは羽の表がオレンジと黒紋のみですが、このようにメスは前羽の先端に黒い模様と白い帯が入ります。

 

アカタテハ

秋になると個体数が増えるタテハチョウです。

この日は葉の上でテリトリーを張っている個体が多く見られました。

 

ルリタテハ(秋型)

飛翔している時は非常に素早く、なかなか生体写真が撮れないので採集してからの撮影です…

羽の地色は僅かに青い光沢のある黒色で、羽の表面に青い帯が入る美しいタテハチョウです。

裏面は地味な黒色で、木の樹皮などに擬態していると思われます。

 

キタテハ(秋型)

羽の表は綺麗なオレンジ色のタテハです。

この個体はかなり擦れていますが、センダングサで多くの個体が吸蜜していました。

 

ミドリヒョウモン

地面で休息していた個体です。

この蝶は6月ごろに羽化するものの、その後2か月ほど「夏眠」という行動を取るヒョウモンチョウの仲間です。

この他には樹皮に産卵している個体も見られました。

 

アサギマダラ

この日最初の個体です。

センダングサの花に十数匹が群れていました。

これは同日同所に採集した別の個体ですが、羽に何やらマーキングがされてありますね…

これをどこで書かれたマーキングなのかTwitterで聞いてみたところ、山形県蔵王高原で8月にマーキングされた個体であることが分かりました。

マーキングされた個体は初めて見たのですが、実際にこういう活動をしている人が居るんだなぁと思いましたね

 

大手町インセクトフェア行ってみました(2023.9.23)

9月23日、東京の大手町で開催されたインセクトフェアに行ってきました!!

まだ人生2回目のインフェだったのでかなり緊張しましたが楽しかったです…!!

 

とりあえず8時ごろに家を出て、ちょうど開催時刻の10時前くらいに会場に着きました

着いた直後の会場(大手町サンケイプラザ)の様子。見ての通りマジで人の数えぐかったです…

ただ割と流れは早く、10時半くらいには建物内に入れました〜小雨かつ気温が低かったので結構寒かったです()

 

会場内は写真・動画撮影が禁止なので写真はありませんが、だだっ広い会場内にずらーっっっと標本箱や昆虫用品が並んでいる様子は凄まじかったです……

 

会場内でYouTuberをやってらっしゃる生き物亭の快晴さんとお会い出来ました…!!

よく動画や配信なども観てて会ってみたかった方なのでかなり嬉しかったです

Youtubeリンク(https://www.youtube.com/@veryvery_sunny)

あとTwitterで絡んでる溶華田溶助さんともお会いできました!!

色々面白い標本買われてたりかっちょ良い蛾の服着てたりしてて話してて楽しかったです…!

Twitterリンク

 (https://twitter.com/ABCDDDEEEFFFG)

 

その他購入・頂いた標本など

神奈川県産イボタガ

展翅済みの標本を購入しました

800円ほどで普通に売ってたのは以外でした()

山梨県産クモマベニヒカゲ

これも展翅済みのものを購入

自分が産まれるよりも前の標本でした、なんか考え深いですね……

山梨県メスグロヒョウモンペア

ペアで300円ほどで購入できました

既に自己採集の標本は持ってますけど、地域によって模様の差異などがあるのかを見てみたくて購入しました〜

オキナワカラスアゲハ奄美亜種(アマミカラスアゲハ)

こちらは未展翅の標本を購入しました!

奄美大島なんてなかなか行ける所じゃないので買えてよかったです

インドネシア・バリ島産ヘレナキシタアゲハ

こちらも未展翅標本を購入

海外のキシタアゲハってこんなに安く売ってるのか…と思いながら買いました()

ジャワ産のベニモンアゲハの一種

ペアの割には安かったので購入してみました

模様の違いとか全く分かりませんけど日本のベニモンアゲハとは別種なんでしょうか…

 

セスジスズメ幼虫

何気に今回一の戦利品だと思ってます…

こちらは現地でお会いした、はちいもさんに頂いた標本なんですけど、マジで技術が頭おかしすぎる…(褒め)

はちいもさんのTwitterリンク

(https://twitter.com/HACHI340)

 

と、こんな感じで色んな方とお話しできたり、良い標本も購入できたりしてとっっても楽しかったです!!

また来年も行きたいですねぇ…

 

近所のオオスズメバチ観察(2023.9.14)

だいぶ前から、この辺オオスズメ湧いてそうだな〜と目を付けていた樹液場に行ってみました。

下校中なので観察だけですが…

林に入ったら乱舞してたサトキマダラヒカゲ

だいぶボロになって来たなぁ

アカボシ&在来ゴマダラ

地元だと8:2くらいで生息している印象。

どちらも綺麗な個体が多かったけど、この2種も年三化なのかな…

 

 

足元に小さめの蜂が飛んでたので近づいてみると、

モンスズメ!地元だとよく見られるスズメバチですが、普通にかっこいい見た目ですよねぇ

全身に散りばめられているワインレッドが美しい…!

あまり上手く撮れませんでしたが、ルリタテハ

夏型の個体は裏側も渋くて良いですよねぇ

キタテハ。

サトキマダラに追いかけ回されてた印象…

 

 

 

狙いのオオスズメが居ました…!デカいなぁ…

少し近づいて一枚…

一般には怖がられる存在の生物ですが、普通にとてもカッコいい見た目ですよねぇ

 

こんな感じで初めて来たポイントでしたが、色々見られて面白かったですねぇ〜

次は網を持って行ってみたいです()